〈メーカーからのご挨拶>

 世界には多くのマウスピース・メーカーがありますが、将来も生き残ることが出来るのは自らのカで市場の要求に応える製品を生み出す能力のあるものだけです。

 私たちErnst Schreiberエノレンスト・シュライバーは、生き残る条件を備えております。このことは、世界中の音楽家が証明してくれています。彼らは私たちのマウスピースを試してみるだけでなく、実際に使って演奏活動をしているのですから。

 私たちのマウスピースは世界で最高のものの一つです。私たちは常に最高の品質と精度を持つマウスピースをお届けすることをお約束します。お試しくだされば、そのことはすぐにお分かりいただけます。

 硬化ゴム(=エボナイト)でマウスピースを作る有名なメーカーがたくさんありますが、どのメーカーでも内部の成型にどうしてもばらつきが生じてしまいます。硬化ゴムの化学的性質上、どうしても手作業で加工しなければならないからです。結果として、同じモデルであってもかなりの誤差が生じて一定の仕様を保つことが出来ず、音程やレスポンスに影響を与えてしまいます。

 そうした問題を解決するため、手作業を減らした機械化工程に適していながら硬化ゴムに似た特性を持っている素材を私たちは探し続け、ついに改良アクリル樹脂にたどり着きました。この特別な材質の振動特性は硬化ゴムにとても近いのです。

 しかし、単に材質の特性が硬化ゴムに似ているだけでは良いマウスピースを作ることはできません。非常に多くの技術的設備も必要です。コンピューター制御の加工機器は当然のこと、ダイヤモンド刃の工具を使って設計上重要な精度を維持しています。私たちのマウスピースをいくっか試していただければ、品質が非常に安定していて均一であることに気付かれることは間違いありません。

世界初! 精度が高く歪みが少ない木製マウスピース

 木でクラリネットのマウスピースを作ることには長い伝統があります。奏者が保守的であるか先進的であるかにかかわらず、多くのクラリネット奏者は木がマウスピースの究極的材料だと考えています。楽器本体と同様の素材を使うことは、響きの純粋さ、音の深さや均一性に関連があるからです。それでは、なぜ木製のマウスピースはめったにないのでしょうか?それは、天然木は変形しやすいため、先に述べたような長所を得るためにはマウスピースの変形や不安定さという代償を支払わなければならなかったからなのです。

 私たちは非常に精度が高いアクリル樹脂のマウスピースの製造で知られていますが、ついに不可能を可能にしました木材の粉末と結合媒体を使うことによって、加工精度と木材の響きの両方を兼ね備えた素材を作り出したのです。私たちはこの新しい素材のマウスピースでも、他のモデルと同様の仕様精度を保証します。

新しい材質のマウスピースは、変形しない上、木製マウスピースの典型的な特徴を有しています。

  • 響き
  • 生き生きしたサウンド
  • 豊かな音色
  • 非常に早いレスポンス

現在は以下の7モデルを製造しております。いずれもメタノレ・リング付きとメタル・リング無しがございます。
JP5/JP6/JP7/JP8/RCR3/RCR5/RCR6(全てべ一ム式用)。是非あなた自身で私たちの製品をお確かめください。

ポール・キンゼルマン
エルンスト・シュライバー杜
テクニカル・ダイレクター

ESMマウスピース仕様一覧